オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

新着情報

新着情報記事一覧

2017年5月15日 ご来場ありがとうございました!砂田愛梨ソプラノ・リサイタル

5/11(木)『砂田愛梨ソプラノ・リサイタル』公演を行いました。

砂田Sの技術の粋と、若さの輝きをご堪能いただいた一夜でした。

意気揚々と登場した砂田S、開幕は今回のイタリア声楽コンコルソ本選会で歌った《夢遊病の娘》気も晴れ晴れと をのびのびと、的確なコロラトゥーラで歌います。喜びを分かち合い、身近な人への感謝を示すアリアは、今日という日にピッタリでした。ご挨拶のトークや歌曲のあと《コジ・ファン・トゥッテ》岩のように動かず では幅広い音域と声の強さを聴かせ、気品ある貴婦人も美しく表現しました。

そしてゲストのテノール、相山潤平が登場し十八番の《愛の妙薬》なんてきれい、なんて可愛い で一気に和やかな雰囲気に。同オペラからアリアと二重唱「受け取って」を二人で歌い、恋心の揺れ動く場面をお楽しみいただきました。

さて、後半は息をのむ超絶技巧の連続です。《リゴレット》第1幕二重唱(S/T)、続いてソプラノのアリア「慕わしき御名」、砂田Sの美声で初恋のときめきが響き渡ります。相山Tが「女心の歌」で拍手喝采をいただいたあと、砂田Sは《魔笛》復讐の炎は地獄のように胸に燃え(夜の女王)、《ランメルモールのルチア》香炉はくゆり…(狂乱の場)を疲れも見せず最後まで正確に、弾けるように艶やかな声で情感たっぷりに歌い切りました。

 

ピアノの松本康子は、砂田Sとがっちりスクラムを組んで、豊かな音楽性と重厚な音色で大曲ばかりのプログラムを支え、音楽的な深みを与えました。

ソプラノ、砂田愛梨の躍動感のある音楽性とふくよかな美声、そして上品な舞台姿に、長年彼女を応援しているお客様から初めての方まで、その魅力を深く味わっていただきました。終演後のお見送りにはいつもに増して長い列ができ、将来の彼女の活躍を期待してホクホク顔のお客様を多くお見受けしました。

 

終演後、左より松本康子P、砂田愛梨S、相山潤平T

 

 

【当日のお料理】

・間八の和風カルパッチョ

・鮭の燻製とロースハムのコルネー

・浅蜊と小蝦のカサレッチェ 大葉添え

・牛背肉の蒸し焼き ソースシャリピアン

・パン

・抹茶のケーキ フルーツ添え/コーヒー

 

ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!

 

2017年5月9日 5/25《カルメン》ハイライト 満員御礼!

5/25(木)《カルメン》ハイライト 満員御礼!

好評につき、当公演はご予約で満席となりました。今後はキャンセル待ちにて承ります。たくさんのお申し込み、誠にありがとうございました。

【公演名】 ビゼー 《カルメン》 ハイライト(コンサート形式)

【公演日】 2017年5月25日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出 演】 勝倉小百合MS / 小野弘晴T / 森真奈美S / 上田誠司Br / 伊藤友香P

【チケット】 ディナー&1ドリンク席 8,800円/1ドリンク席 5,600円

【会 場】 イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。

 

2017年5月2日 GW中のお客様対応について

当事務局はゴールデンウイークの下記期間中、休業させていただきます。

 

2017年5月3日(水祝)より5月7日(日)まで 休業

 

メール、FAXでのお申込み・お問い合わせは通常通り受け付けますが、ご回答は5月8日(月)以降となります。

期間中に5月11日『砂田愛梨ソプラノ・リサイタル』または5月25日《カルメン》ハイライト へお申込みお客様は、場合によってキャンセル待ちとなることもございます。

大変恐れ入りますが何卒ご了承いただいたく、お願い申し上げます。

 

2017年5月2日 5/11『砂田愛梨ソプラノ・リサイタル』残席わずか!

5/11『砂田愛梨ソプラノ・リサイタル』 残席わずか!

多くのご予約をいただきありがとうございます。
当公演は残席がわずかとなりました。ご検討中のお客様はお早目にお申し込みください。お申し込みのタイミングによって、キャンセル待ちでの受付となる場合がございますので、何卒ご了承ください。

【公演名】『イタリア声楽コンコルソ ミラノ大賞受賞 砂田愛梨ソプラノ・リサイタル』

【公演日】2017年5月11日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出演】砂田愛梨S / 松本康子P / 相山潤平T

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,800円/1ドリンク席 5,600円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。 

2017年5月1日 ご来場ありがとうございました!オペラinフィギュア・スケートVol.4

4/27(木)『オペラ in フィギュア・スケート-Vol.4-』公演を行いました。

数日前に代役出演となったテノール芹澤佳通は気合充分!《ロメオとジュリエット》あぁ昇れ太陽よ、フィギュアと言えば《トゥーランドット》誰も寝てはならぬ、石川Sとの《カルメン》手紙の二重唱を大変情熱的に歌い切り、期待を裏切らない高音で拍手喝采をいただきました。

若手ソプラノの石川奈津子は、《ロメオとジュリエット》私は夢に生きたい、《ラ・ボエーム》私が街を歩くと などをいきいきとした歌唱で、フィギュアとオペラの性質的な関連をとても良く感じさせました。

イタリアでの研修から帰国したばかりのソプラノ遠藤紗千は、存在感ある深い声で《トスカ》歌に生き恋に生き を熱唱、美貌の歌手そのままの美しさで客席のため息を誘います。金子Brとの《ラ・トラヴィアータ》二重唱でも悲劇に見舞われるヒロインを美しく演じました。

バリトン金子亮平は《セヴィリアの理髪師》私は街の何でも屋 で絶好調の早口の後、遠藤Sとの二重唱では細い糸が張りつめるような長い場面を、計算された緊張感でじっくりと魅せ聴かせました。武骨で憎らしい敵役ながら、父親らしい重みのある声がぴったり。替わって《トスカ》テ・デウム ではピアノの齋藤と共に不気味な壮大さ、尊大さを演出しました。

ピアノの齋藤菜緒は歌手との共演だけでなくピアノソロで リスト「愛の夢」第3番を披露。輝かしく美しい音色で、浅田真央選手の名演技が思い浮かびました。

最後は《ラ・ボエーム》第3幕四重唱を全員で歌い、静と動が交差する二組の恋人たちの別れの場面をお届けしました。

 

今回解説を担当した音楽アドヴァイザー、東小野修もフィギュアの大ファン。この日は特に熱が入り、伊藤みどり選手や織田信成選手など懐かしい名前に混じってロシアやヨーロッパの新旧選手の名前がズラズラ!お客様の中にも詳しい方が多いのか、興味津々で聞いて下さる姿が見られ、フィギュアとオペラ文化が互いに伝道し合っているような光景でした。また東小野からサプライズで、浅田真央選手の衣装モチーフのクリアファイルを抽選で3名様にプレゼントしました!

どの曲がどの選手のどんな演技に使われたかは、当日ご来場下さった方だけのお楽しみ。来年もVol.5としてこの公演が企画できることになれば、2月の韓国平昌オリンピック観戦も一層楽しみになりますね。また次回もお楽しみに!

 

終演後、左より芹澤佳通T、石川奈津子S、遠藤紗千S、齋藤菜緒P、金子亮平Br

 

 

【当日のお料理】

・鮭、鱈、黒梶木の燻製

・鰆のバター焼き 野菜の煮込み添え

・海の幸のトマトソース和えカサレッチェ

・牛背肉の蒸し焼き 焼き汁のソース 西洋わさび添え

・フォカッチャ

・桜のロウルケーキ フルーツ添え/コーヒー

 

 

↑抽選プレゼント、浅田真央選手の衣装デザインのクリアファイル

 

ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!

 

2017年4月28日 5/25《カルメン》残席わずか!

5/25《カルメン》ハイライト 残席わずか!

多くのご予約をいただきありがとうございます。
当公演は残席がわずかとなりました。ご検討中のお客様はお早目にお申し込みください。お申し込みのタイミングによって、キャンセル待ちでの受付となる場合がございますので、何卒ご了承ください。

【公演名】 ビゼー 《カルメン》 ハイライト(コンサート形式)

【公演日】 2017年5月25日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出 演】 勝倉小百合MS / 小野弘晴T / 森真奈美S / 上田誠司Br / 伊藤友香P

【チケット】 ディナー&1ドリンク席 8,800円/1ドリンク席 5,600円

【会 場】 イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。

 

2017年4月21日 4/27オペラinフィギュア、靴紐しっかりと!(4/24追記)

先日、4/27(木)公演『オペラinフィギュア・スケート』リハーサルを行いました!

急遽の出演となるテノール、芹澤佳通は残念ながら欠席でしたが、その他のメンバーがスケート靴のひもを締めるが如く、着々と準備を進めています。

ソプラノ遠藤とバリトン金子は得意のプッチーニ《トスカ》から、テ・デウム(Br)、歌に生き恋に生き(S)を歌います。そしてヴェルディ《ラ・トラヴィアータ》第2幕より緊張感に満ちた二重唱で、イタリアオペラをご堪能いただきます。また、石川Sと芹澤Tはフランスオペラのグノー《ロメオとジュリエット》より、私は夢に生きたい(S)、ああ昇れ太陽よ(T)をそれぞれ歌い、4人でプッチーニ《ラ・ボエーム》第3幕の四重唱「さようなら、甘い目覚めよ」を熱唱します。

ピアノの齋藤菜緒も、先日引退した浅田真央選手が滑ったピアノ曲をソロでご披露する予定で、伴奏と共に奮闘します。

その他も音楽アドヴァイザー東小野修が厳選した選曲で、フィギュア選手を華やかに舞わせた音楽たちを、解説トークを交えてお楽しみいただきます。

皆様のご来場、一同心よりお待ちしております!

 

↓左より 金子亮平Br、石川奈津子S、遠藤紗千S、齋藤菜緒P

 

急遽出演のテノール、芹澤が参加してのリハーサルも順調に行われました(4月24日追記)。

↓左より、石川奈津子S、遠藤紗千S、芹澤佳通T

 

【公演名】『オペラ in フィギュア・スケートーVol.4-』

【公演日】2017年4月27日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出演】遠藤紗千S / 石川奈津子S / 芹澤佳通T / 金子亮平Br / 齋藤菜緒P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,800円/1ドリンク席 5,600円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。 

 

2017年4月18日 4/27『オペラinフィギュア・スケート』出演者変更のお知らせ

次回、4月27日(木)『オペラinフィギュア・スケート』公演に出演予定のテノール 稲垣成人は、 体調不良により出演が不可能になりました。

代わりまして、テノール 芹澤佳通が出演いたします。

何卒ご了承いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

 

フィギュアのシーズン終了後、毎年恒例のオペラ伴奏曲を集めたシリーズ。今年も《ラ・ボエーム》から《カルメン》まで様々なオペラ楽曲が氷上を彩りました。音楽アドヴァイザー東小野修の解説トーク付でお贈りします。

【公演名】『オペラ in フィギュア・スケートーVol.4-』

【公演日】2017年4月27日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出演】遠藤紗千S / 石川奈津子S / 芹澤佳通T / 金子亮平Br / 齋藤菜緒P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,800円/1ドリンク席 5,600円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。 

2017年4月17日 ご来場ありがとうございました!《ランメルモールのルチア》

4/13(木)《ランメルモールのルチア》ハイライト公演を行いました。

桜の花びらがひらひらと舞いう温かい夕暮れ時、夜桜見物の人出で賑わう中での本番となりました。

まずは、ルチア役のソプラノ奈良原繭里。出番の多い題名役を、最初から最後まで安定した歌唱で聴かせ、華やかに盛り上げました。恋人と兄の間で翻弄されるルチアのはかない希望、物語を追うごとに悲劇へと流されていく悲しみを、目でも耳でも感じさせてくれました。最大の見せ場「狂乱の場」では、コロラトゥーラの高音技巧を連発するカデンツァ以降の後半部分にかけて、余裕を持った音色で歌いこなします。奈良原の骨太な声は音楽の叙情性をより豊かにし、正確なアジリタでより軽さを感じさせ、はかなくも力強い独特な雰囲気を創り出していました。

そしてエンリーコ役のバリトン上田誠司は、深みがありながらも突破力のある美声を聴かせました。特にルチアとの二重唱では、様々な声音を駆使してルチアを説き伏せる様子が、演技も含めて印象的な敵役を演じました。

また、このオペラの最後を飾る長大なアリアを歌うエドガルド役、テノールの松岡幸太。貴公子の優雅さを失わずに激しいアクートで高音をじっくりと響かせ、すべてを失った絶望を表現しました。

ピアノの下岡は、ダイナミックかつ安定した音楽作りで、幅広い音色から流麗・優美だけでなく勇壮さ・残忍さをも音色にふくませて、全体を物語絵巻としてまとめ上げました。

 

帰路、夜桜を眺めながらふと、ルチアのアリアのさわりを口ずさんだ方もいらっしゃったのでないでしょうか。ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!

 

第1部終了後、左から下岡達朗P、松岡幸太T、奈良原繭里S、上田誠司Br

 

【当日のお料理】

・ノルウェー産 鮭のディルマリネ

・白魚と法蓮草のロワイヤル

・コンキッリエ入り野菜スープ

・若鶏の蒸し焼き、マレンゴ風

・パン

・チーズケーキ・フルーツ/コーヒー

 

ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!

 

2017年4月17日 6/22 メモリアル:ビゼー《真珠採り》公演のお知らせ

《カルメン》で有名なビゼーの作品、滅多に上演されることのない演目を、恒例の追悼公演としてお贈りします。この機会にぜひご来場下さい。

 

【公演名】早川正一メモリアル:ビゼー《真珠採り》ハイライト(コンサート形式)

【公演日】2017年6月22日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出演】森 朱美S / 水船桂太郎T / 森口賢二Br / 松本康子P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 10,000円/1ドリンク席 6,600円(いずれも税込)

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

 

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。

 

 

前のページ  次のページ