オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

新着情報

新着情報記事一覧

2016年6月30日 7/7 リハーサル:想い出に彩られた名曲たち

先日、7/7『早川正一メモリアル・オペラ・ガラ・コンサート2016』のリハーサルを行いました。

左から森朱美S、水船桂太郎T、立川かずさMS、松本康子P 

 

上記のメンバーと、ここには映っていませんが森口賢二Brの5名でお贈りする今回のコンサート。旧店舗での通常ステージや「サロンオペラ公演」にも度々出演していた面々です。サロンオペラは故 早川正一オーナー自身が企画・キャスティングを行っていた事もあり、稽古中もオーナーや旧店舗の想い出話は尽きないようでした。

今回のプログラムをほんの一部ご紹介しますと、ヴェルディ《ラ・トラヴィアータ(椿姫)》ああ、そは彼の人か~花から花へ(森S)、ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》重い鎖につながれて(立川MS)、ビゼー《真珠とり》聖なる神殿の奥深く(水船T、森口Br)など。聴き応えのある大曲が多く予定されており、稽古とはいえ美しいメロディを存分に聴かせてくれました。

 

早川オーナーの創設したオペラサロンを経て、キャリアを重ねるアーティストたちの今。過去をご存知の方は懐かしく振り返っていただけるでしょうし、もちろんご存知でない方にも、彼らの楽しいトークと素晴らしい演奏で、オペラの世界へご案内いたします。

残席が少なくなりましたのでご予約はどうぞお早目に!皆様のご来場お待ちしております。

 

【公演名】早川正一メモリアル・オペラ・ガラ・コンサート2016

【公演日】2016年7月7日(木)18:30開演、途中ディナータイム(コース料理)

【出演】森朱美S、立川かずさMS、水船桂太郎T、森口賢二Br、松本康子P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 9,000円/1ドリンク席 5,500円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細は「特別公演」ページをご覧下さい。

 

2016年6月27日 7/7「メモリアル・オペラ・ガラ」残席わずかとなりました!

メモリアル・オペラ・ガラ 2016 残席わずか!

多くのご予約をいただきありがとうございます。
当公演は残席がわずかとなりました。ご検討中のお客様はお早目にお申し込みください。

 

7月恒例の『メモリアル』はベテラン歌手たちが集い、名作オペラのガラ・コンサートです。

【公演名】早川正一メモリアル・オペラ・ガラ・コンサート2016

【公演日】2016年7月7日(木)18:30開演、途中ディナータイム(コース料理)

【出 演】 森朱美S、立川かずさMS、水船桂太郎T、森口賢二Br、松本康子P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 9,000円/1ドリンク席 5,500円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細は「特別公演」ページをご覧下さい。

2016年6月27日 ご来場ありがとうございました!《道化師》ハイライト

6/23(木)《道化師》ハイライト公演をおこないました。

前半はヴェリズモ中心の選曲のガラ・コンサート、後半はレオンカヴァッロ作曲《道化師》のハイライトと、濃くドロドロした人間模様の、熱い一夜をお届けいたしました。

 

前半では、各歌手がレオンカヴァッロと同世代の作曲家、マスカーニやトスティの歌曲と、チレア《アドリア―ナ・ルクヴルール》ここでモノローグだ(安東Br)を。そして滅多に上演されないレオンカヴァッロのその他の歌劇より、《ラ・ボエーム》愛しい頭よ(及川T)、《ザザ》可愛いジプシー娘よ(小林Br)を演奏し、直情的で激しいヴェリズモの準備運動はバッチリ。

 

後半の《道化師》ではトナカイ初登場ながらベテランの及川尚志Tが歌うタイトルロール・カニオ役の凄まじい歌唱に会場全体が圧倒されました。特に第2幕「もうパリアッチョじゃない」では真実味を帯びた迫力ともの悲しさに、お客様から共感と感動の声を多くいただきました。ネッダ役田中樹里Sもヒロインの若々しさと意志の強さを感じさせる声で「鳥の歌」や劇中劇~フィナーレを、トニオ役小林大祐Brは深みのある声で冒頭の「プロローグ」など充分に聴かせました。シルヴィオ役安東玄人Brは「唯一といっていい二枚目役」に艶っぽさを漂わせてネッダとの愛の二重唱を歌いました。ペッペ役市川浩平Tは第2幕劇中劇のみの出演ながら、張りのある爽やかな声で存在感のあるセレナータを演奏、ピアノの芦沢真理Pは重厚で激しい音と劇中劇の軽やかな音楽が交差する世界をメリハリを効かせて弾きこなし、一夜の悲劇を作り出しました。

 

ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!

終演後、左から芦沢真理P、及川尚志T、田中樹里S、安東玄人Br、小林大祐Br、市川浩平T

2016年6月15日 8/25「真夏のソプラノの夢~withテノール」公演のお知らせ

8月の後半の公演を決定いたしました。

熱い真夏の夜、熱き若手ソプラノ3人とテノールの競演をお届けします。

【公演名】「真夏のソプラノの夢~withテノール」

【公演日】2016年8月25日(木)18:30開演、途中ディナータイム(コース料理)

【出演】石川奈津子S、熊田祥子S、奈良原繭里S、松岡幸太T、下岡達朗P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,000円/1ドリンク席 4,800円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細は「特別公演」ページをご覧下さい。

 

2016年6月14日 6/23《道化師》ハイライト 残席わずかとなりました!

《道化師》ハイライト 残席わずか!

多くのご予約をいただきありがとうございます。
当公演は残席がわずかとなりました。ご検討中のお客様はお早目にお申し込みください。

 

ヴェリズモ・オペラの傑作、《道化師》ハイライトをついに上演!激情と悲哀の世界にひと時、皆様をお連れします。前半はガラ・コンサート、後半は《道化師》と盛りだくさんでお贈りします。

【公演名】レオンカヴァッロ《道化師》ハイライト

【公演日】2016年6月23日(木)18:30開演、途中ディナータイム(コース料理)

【出演】

 カニオ 及川 尚志 T

 ネッダ 田中 樹里 S

 トニオ 小林 大祐 Br

 ペッペ 市川 浩平 T

 シルヴィオ 安東 玄人 Br

 ピアノ 芦沢 真理 P

【プログラム】

 第1部 ガラ・コンサート

 第2部 《道化師》ハイライト

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,000円/1ドリンク席 4,800円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細は「特別公演」ページをご覧下さい。

2016年6月10日 ご来場ありがとうございました!イタリア・オペラ・ガラ~Sul fiato~

6/9(木)イタリア・オペラ・ガラ~イタリアの風に乗せて Sul fiato~ 公演をおこないました。

 若手といっても最近活躍が目立つようになってきた4人の歌手たちが、それぞれの挑戦を携えてイタリア・オペラの名曲をご披露しました。

 

 前半はベルカントもの尽くし。ドニゼッティ、ベッリーニなどのオペラ作品からで、特に高柳圭Tは超有名曲《愛の妙薬》人知れぬ涙 を、余裕ある高音と切ない音色で美しく表現しました。また成田MS&野村Brは転がす技術(アジリタ)への挑戦と銘打ってロッシーニ《セヴィリアの理髪師》の二重唱に挑みました。後半は、ヴェルディ《ドン・カルロ》の小特集で勇壮な友情の二重唱(高柳T&野村Br)、女声の大アリア2曲 呪わしき美貌(成田伊美MS)、世のはかなさを知る神(中村洋美S)の3曲を、いずれも曲の世界がよく表現され、息を飲む迫力でした。そして演奏機会が少ないという《ナブッコ》ユダヤの神よ(野村光洋Br)も演奏、最後はプッチーニ《蝶々夫人》愛の二重唱(中村S&高柳T)を華やかにお贈りしました。

 

 聴き応えある名曲ばかり、聴く者を飽きさせない演奏に併せて、トークにも明るく爽やかな彼らの雰囲気がにじみ出ておりご好評いただきました。軽快なロッシーニから華麗なプッチーニまで、伊藤友香Pの盤石なピアノに支えられて思い切りイタリア・オペラの風に羽ばたいた夜、アンコールには全員で「フニクリ・フニクラ」をお届けし、明るく閉会となりました。

ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!

 

終演後、左から高柳圭T、成田伊美MS、中村洋美S、野村光洋Br、伊藤友香P

2016年6月3日 6/9 リハーサル:有名アリア・重唱で若手の真剣勝負!

先日6/9『イタリア・オペラ・ガラ』のリハーサルを行いました。

大変仲の良い4人の歌手達+ピアニストが今回の出演者です。稽古中は冗談や恋バナが飛び交いながらも、音楽に真摯に向き合い、渾身の力を込めてそれぞれの挑戦をしていました。

左から伊藤友香P、高柳圭T、野村光洋Br、中村洋美S、成田伊美(よしみ)MS 

 

トナカイ公演ではおなじみの中村洋美Sと野村光洋Brは、いつもの安定した美声で緩急の激しいアリアを巧みに操っていました。トナカイ初出演となる成田伊美MSと高柳圭Tは緊張も見せながら、成田MSは深みと張りのある声を響かせ、高柳Tは力強い澄んだ声で「人知れぬ涙」など期待大です!

 

プログラムは出演者たちがチョイスした大アリア、二重唱ばかり。彼ら曰く「肉しかないね」。プログラムを見ただけでもうお腹いっぱいです。

 

前半は《ルチア》残酷で不吉ないら立ちが(野村Br)、《清教徒》あなたの優しい声が(中村S) などベルカントもの。後半はヴェルディ作曲《ドン・カルロ》の小特集で、友情の二重唱(高柳T&野村Br)、呪わしき美貌(成田MS)、荘厳なピアノソロを含む 世の虚しさを知る神よ(中村S)ほか、プッチーニもあり聴き応え十分です。

 

ピアノの伊藤友香も前回公演に引き続き、数々のオペラを弾きこなしてオーケストラ役を務めます。

イタリア・オペラの有名どころを集めたガラ・コンサート、和気あいあいとした雰囲気でトークも盛り上がります。より気軽にお楽しみいただける公演で、まだお席も少々ありますのでどうぞお楽しみに!皆様のご来場お待ちしております。

 

【公演名】イタリア・オペラ・ガラ ~イタリアの風に寄せて Sul fiato~

【公演日】2016年6月9日(木)18:30開演、途中ディナータイム(コース料理)

【出 演】中村洋美 S 成田伊美M S 高柳 圭 T  野村光洋 Br 伊藤友香 Pf  

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,000円/1ドリンク席 4,800円

【会 場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細は「特別公演」ページをご覧下さい。

 

2016年5月30日 7/7 メモリアル、8/4《愛の妙薬》ハイライト公演のお知らせ

7月、8月の2公演を決定いたしました!7月恒例の『メモリアル』はベテラン歌手たちが集い、名作オペラのガラ・コンサートです。8月はドニゼッティ《愛の妙薬》を上演。好評につき、先日《ルチア》を好演した同じメンバーでお贈りいたします。

 

【公演名】早川正一メモリアル・オペラ・ガラ・コンサート2016

【公演日】2016年7月7日(木)18:30開演、途中ディナータイム(コース料理)

【出演】森朱美S、立川かずさMS、水船桂太郎T、森口賢二Br、松本康子P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 9,000円/1ドリンク席 5,500円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細は「特別公演」ページをご覧下さい。

 

【公演名】ドニゼッティ《愛の妙薬》ハイライト

【公演日】2016年8月4日(木)18:30開演、途中ディナータイム(コース料理)

【出演】砂田愛梨S、相山潤平T、金子亮平Br、齋藤菜緒P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,000円/1ドリンク席 4,800円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細は「特別公演」ページをご覧下さい。

 

なお7月後半は休演となります。何とぞご了承くださいませ。

 

2016年5月29日 ご来場ありがとうございました!《アンドレア・シェニエ》ハイライト

5/26(木)《アンドレア・シェニエ》ハイライト公演をおこないました。

フランス革命を背景に愛の素晴らしさを歌ったこのオペラは、主要役の歌手を揃えるだけでも難しい演目です。トナカイでも初めての試みに大興奮の夜となりました。

タイトルロールの上本訓久Tは、聴かせどころ連続のハイライトを苦も無くしっかりと歌い切りました。名アリア「ある日青空を眺めて」や、高いテンションを持続しながら流れるようなジョルダーノの音楽を捕まえ、高潔な詩人の愛と死を力強い歌唱で表現しました。

ヒロイン、マッダレーナ役で今回初出演の遠藤紗千Sは、その美貌から想像もできないほどの迫力の声で「亡くなった母は」ほか重唱を務めました。またこちらも初出演のバリトン今井俊輔Brは、ジェラール役を優しさと激しさの両面を使って歌い分け、「祖国の敵」など舞台映えのする体躯で観客を魅了しました。ピアノの伊藤友香Pは、ジョルダーノの厚みのある凄烈な音楽を聴かせ、華麗な世界を表現しながらも歌に寄り添い、屋台骨を支えました。

ハイライトで《シェニエ》という贅沢な企画に、お客様からは挑戦を果たした出演者への大喝采をいただきました。ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!

(終演後、左から 上本訓久T、遠藤紗千S、伊藤友香P、今井俊輔Br)

※5/31一部を変更しました

2016年5月17日 ご来場ありがとうございました!《ルチア》ハイライト

5/12(木)《ランメルモールのルチア》ハイライト公演をおこないました。

フレッシュなプリマに、男声二人の勢いある歌唱が加わり、音楽とドラマの関係が浮かび上がった一夜でした。

砂田愛梨Sはルチア役の初恋の喜びと引き裂かれた苦しみ、そして愛する人に疎まれる絶望などさまざまな感情を的確な技術で表現。聴かせどころの連続する構成でしたが、最後の見せ場「狂乱の場」も声につやを失わなず皆様を魅了し、将来の大プリマの片鱗をうかがわせました。

相山潤平Tは終幕の大アリアまで盛り上げて聴かせ、翻弄されるエドガルド役の苦悩を見せながらも重唱曲では砂田Sをしっかりサポートしました。エンリーコ役の金子亮平Brは1曲目のアリアからルチアの運命を握る存在感で、特に2幕三重唱(本来は六重唱)では怒りに満ちて印象的でした。齋藤菜緒Pのピアノはあくまで美しさを失なわない音楽を流麗に、時に重厚に弾きこなし、美しい悲劇の世界を作り上げました。

お客様からプリマ砂田Sへ大きな花束のプレゼント、そしてすばらしい4人組への拍手に包まれて幕となりました。ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!

 

(終演後、左から 相山 潤平T、齋藤 菜緒P、砂田 愛梨S、金子 亮平Br)

前のページ  次のページ