オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

アーティスト

バリトン・リリコ(Bariton Lirico) 野村 光洋

Mitsuhiro Nomura

最近のトナカイ公演出演
2019年9月9日 《ランメルモールのルチア》ハイライト(エンリーコ役)
2018年3月29日 《フィガロの結婚》ハイライト♯1(フィガロ役)
2017年6月8日 《ラ・トラヴィアータ》ハイライト(ジェルモン役)

プロフィール

国立音楽大学声楽専攻卒。東京藝術大学別科声楽専修修了。同大学院声楽専攻独唱科修了。二期会オペラ研修所修了。
これまで《フィガロの結婚》表題役、アルマヴィーヴァ伯爵《ドン・ジョヴァンニ》表題役《コシ・ファン・トゥッテ》ドン・アルフォンソ《セヴィリアの理髪師》表題役《リタ》ガスパロ《愛の妙薬》ベルコーレ《ドン・パスクアーレ》マラテスタ《ラ・ボエーム》マルチェッロ、ショナール《道化師》シルヴィオ《カルメン》エスカミーリョ《ウェルテル》アルベール等、主要の役を多数努め、近年は《イル・トロヴァトーレ》ルーナ伯爵《ナブッコ》表題役《アイーダ》アモナズロ《仮面舞踏会》レナートなどヴェルディ作品へ活動の幅を広めている。
二期会公演ではオペラ研修所のインターンシップとして《魔笛》パパゲーノ役のアンダースタディを務め、ニューウェーブオペラ《子供と魔法》雄猫/柱時計、本公演《ドン・カルロ》6人の代議士、《リゴレット》チェプラーノ伯爵、《ナクソス島のアリアドネ》かつら師で出演した。また『セイジ・オザワ・松本フェスティバル2017』において《子供と魔法》雄猫/柱時計役のカバーキャストを務めた。
二期会会員(2019.9)