オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

アーティスト

ピアノ(Pianist) 下岡 達朗

Tatsuro Shimooka

最近のトナカイ公演出演
2019年11月14日 Les Clefs d'Or ~レ・クレドール~ の夕べ
2018年10月11日 《ノルマ》ハイライト

プロフィール

武蔵野音楽大学ピアノ科を首席で卒業。モスクワ音楽院留学。在学中より、オペラ、リート、日本歌曲など、歌手の伴奏ピアニストとして、またピアノデュオや器楽伴奏など、他の音楽家との共演に特化して活動。
30歳で演奏活動を中断、芸術を支える視点にシフトし、米国滞在を経て渡英。聴衆にどのように音楽を広め文化振興をすすめるかを研究する「オーディエンス・ディヴェロプメント」をテーマに、オペラハウスの選曲と聴衆への影響について論文を執筆。ノーサンブリア大学大学院カルチャーマネージメント修士課程修了。
スコットランド国立オペラにてインターン後帰国、2011年まで東京芸術劇場に勤務。
演奏者としての立場と、音楽家と音楽文化を支える研究と仕事という、音楽文化を形成する両輪を経験したのち、現在は、歌手との共演を主軸に伴奏ピアニストとして活動、声楽コンクールの公式伴奏者をつとめるほか、編曲も手がけ、コンサートや録音に楽曲を提供、独自のハーモニーを持つ世界観で好評を得ている。
即興演奏も得意とし、ソプラニスタ岡本知高氏と共に花結い師TAKAYA氏のフラワーデモンストレーションのイベントに参加した他、曽我部翔氏、ローラン・ボーニッシュ氏など、フラワーアーティストのライブパフォーマンスに演奏を添えている。また、日本楽器との共演や、朗読に即興で演奏を添えるなど、他ジャンルアーティストとのコラボレーションにも積極的に活躍の場を拡げている。
ソロコンサートでは、クラシックの名曲や自身の楽曲を演奏と共に、心理学・脳科学・量子力学・占星術・スピリチュアルなどの切り口でトークを交えながら、ピアニストの視点から人の意識と音の関係を体感するコンサートを展開している。昨今では、トークイベントを開催し、これまでの音楽体験と研究をいかし「音楽の世界を言葉で人に伝える」ことにも力をいれている。
渡辺ミュージカル芸術学院ソルフェージュ講師。元九州短期大学及び東京医薬専門学校(音楽)講師。(2019.8)
ホームページ:https://tattsunlabo.wixsite.com/labo